leucism雫

无规律掉落

歌词翻译《月華の誓ひ》

月華の誓ひ

 

作詞︰森由裡子

 作曲︰伊籐賢治

 

 白い月 夜空にひとりで佇む

遠き私を呼ぶごとく

 

天(そら)の舟 もうすぐ迎へに來るけれど

 そっと隱れたゐ(い) 君が御胸(みむね)

 

いとし我が君 何處へ行くとも

此の心 その御許(みもと)に 置きて旅立つ

生まれ變われる 時が來たなら

此處へ還って來る

幾年(いくとせ)かけても

 

伸ばした手 離れて 飛び去る星空

 君が姿も消えてゆく

 

 けれど今聽こゆる 君のその叫びが

名前囁ひた 優しき聲

 

 滿ちて欠けると 月は見えても

此の愛は 君を照らし 永久(とわ)に輝く

人はうたかた されどとこしゑ

 いつか君を搜す 誓ひを守りて

 

 いとし我が君 何處へ行くとも

此の心 その御許(みもと)に 置きて旅立つ

生まれ變われる 時が來たなら

此處へ還って來る

幾年(いくとせ)かけても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月華之誓

 

白潔月輪 在夜空孤寂地凝立

如同呼喚著遠方的我一般

 

天之舟 雖然將要迎接它的到來

想要靜謐地隱沒 君之胸口

 

可愛兮吾之君哉 所往何處?

此心 每應這禦許啟程

誕生、流變 光陰如水

終會歸返此處

無論度過多少年月

 

遠離這伸出的手臂 遙遙飛去的星空

你的形姿也慢慢消失不見

 

然而現在聽見了你的這聲呼喚

低語著名字 溫柔的聲音

 

滿盈殘缺 見月輪迴

此愛流照君 永久明光彩

人如泡沫 卻也永恆

終有一日 將你尋找 守護誓約

 

可爱兮吾之君哉 所往何處?

此心 每應這禦許啟程

誕生、流變 光陰如水

終會歸返此處

無論度過多少年月


评论
热度(1)

© leucism雫 | Powered by LOFTER